:::: MENU ::::

最近、値上げが相次ぐ理由とは・・・。

  • 2015年4月06日
  • 0
matuo

最近、値上げが相次ぐ理由とは・・・。

皆さんこんにちは。ようやく暖かい日が続くようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?ここ最近、食品から日用品まで様々な物の値上げのニュースを聞きます。

実際スーパー等に行くと、家計への負担が増えたと実感する方も多いのではないのでしょうか。何故、値上げが相次いでいるのでしょうか。日本は食べ物のみならず、多くの物や原材料を諸外国から輸入しております。

その為、円安になると値上がりする商品が増えてしまいます。下記のグラフを見てみると、2012年3月の1ドル当たりの月間平均レートは82.43円でしたが、2015年3月は119.17円となっております。

USドル/円の為替レート:http://ecodb.net/exchange/usd_jpy.html
松尾さん2
例えば、海外で10ドルの値段の物を買うとき、3年前の3月なら824円で買えたのに、今は1192円となり、368円多く払わないと購入できない計算になります。

これはドルの価値が上がり、円の価値が下がったことを意味するので、「ドル高円安になった」といいます。

円安になると、輸入する商品そのものの値段だけではなく、海外の工場で働く人の給料を円に換算した時の金額や、日本の工場で使う燃料の輸入価格も上がるので、多くの企業で値上げに踏み切ったこととなります。

また、天気が悪く、収穫量が減った農作物の値段が上がるほか、経済成長が続く国々が沢山物を買うようになり、他の国が買える量が少なくなった商品が値上りすることもあります。

その他に、石油の生産国がある地域で戦争が起こると、将来にわたり輸入できなくなる心配が広がり、石油の価格が上がる事もあります。

4月から大手の食品メーカーが牛乳、乳飲料、ヨーグルト等を約2.0~6.0%、食用油を10%、物によっては20%以上値上げをすると発表しております。また、電力大手10社が5月分の料金を値上げすることを発表しており、今後ますます家計への負担が増すと考えられます。
松尾さん1

これを機にご家庭の資産を守り、今後の生活に備える為、資産運用を考えてみてはいかがでしょうか?

資産運用と聞くと、ハイリスクハイリターンな物と思いがちですが、最近話題となっている、円建て社債は為替リスクがなく、満期まで安定的に利息が受け取れるのでお勧めです。是非、ご自身の将来に備え、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

株式会社 プレミアバンク 経理総務部 松尾


33

コメントを入力