:::: MENU ::::

超高齢化社会に安心できるパートナーとして

  • 2015年4月27日
  • 0
IMG_1062

超高齢化社会に安心できるパートナーとして

こんにちは。株式会社プレミアバンクです。 まもなくゴールデンウイークですね。連休中のご予定はお決まりでしょうか?お仕事される方も多いですよね。仕事も遊びも元気にまいりましょう。今回のブログは、差し迫る超高齢化社会に向けたメッセージです。

日本の高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)が25%を超えました。2040年には東京都の高齢化率は33.5%になると言われています(3人に1人です)。全国的には独り暮らしの高齢者が増加中です。

7155308801_fb952f8dda_b
2015年4月から導入されたマクロ経済スライド制度により、年金は実質目減りすることが決定しました。しかし、高齢者世帯の中で公的年金や恩給が総所得の80%以上を占めている世帯が69.7%もあるのです。(平成25年国民生活基礎調査)

1024
要介護状態になり誰かの支えを必要としても、介護費用を捻出できず、行き場を失う高齢者も続出しています。近年の研究では人間同士の交流が有効な介護予防策だと言われています。

孤独死が他人事ではない超高齢化社会だからこそ、人間同士の交流による孤独防止策が必要です。しかし、交流は自然発生するとは限りません。よろしければ私達と交流してみてください。

私達は対面による高品質な個別応対を大切にしております。お客様が期待されることは、資産運用に加えて、税金、相続、不動産などの資産全体を見渡す目線をもって皆様の人生設計をサポートすることです。

日本が1億総中流と言われ、貧富差が少ない国と称されたのは過去の話です。資産を増やしたい人もいれば、保有資産を減らしたくない人もいます。

お客様の関心事や御心配事をよく知ることで、密着した深いサポートを継続していきます。私達にお任せください。以上、顧客管理部でした。

33

コメントを入力