:::: MENU ::::

子供の「教育資金」をどのように準備するか

  • 2015年6月01日
  • 0
kishimoto

子供の「教育資金」をどのように準備するか

こんにちは。株式会社プレミアバンク顧客管理部です。
夏日が多くなり梅雨が近づいてきました。熱中症の方が増えてくる時期でもありますが、気温よりも湿度に大きく影響を受けますので、ご注意ください。

さて今回は、人生3大支出といわれる教育資金、住宅資金、老後資金の「教育資金」についての話です。生涯の支出が2億円に近い金額にのぼると言われていますが、数字だけをみると、頭が痛くなる話で、将来に不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、あきらめて何も対策をしないと事態は変わりません。効率よく計画的にお金を増やしていく事を考えましょう。そのためには、しっかりと現状を把握し、ライフプランを明確にしていく事が大切です。

001
教育費(塾代・通学費を含む)といっても、いつまでにどれくらい必要なのか、一般的に言われているのは一人当たりの目安が1000万円です。でも、全ての人が1000万円というわけではありません。

公立か私立か、大学に進学するのか、専門学校に進学するのか、理系か文系かなど、進路の選択によって必要な費用が決まってきます。オール(幼・小・中・高・大)国公立で750万円、オール私立理系大学ですと2000万円以上と、まとまった資金が必要となり、大きな差があります。

今回は、一般的な目安である1000万円を準備することとしてお話します。
小学校から高校までを公立で約500万円、私立大学で500万円(文系約390万円・理系約520万円)かかると言われています。

002
そこでお勧めしたいのが、大学費用は高校までの学費を払いながらコツコツ貯めて備える、というやり方です。国税庁によると2013年度の全国の会社員の平均年収は414万円ですので、年50万円、年収の約1割を目安に貯めていきます。

その場合、預貯金と合わせて親に万一のことがあったときでも保険料免除で保険金を受け取れる「学資保険」が良いかと思います。学資保険は強制的に教育資金の貯蓄ができるメリットがあるからです。

次に考えたいのが物価上昇時に備える事です。現在の低金利で長期間固定する金融商品は実質目減りするリスクがあるので、個人向け国債変動金利型10年物や2016年からスタートする子供NISA(未成年者対象の少額投資非課税制度)を利用しての債権中心の投資信託購入などがあります。

003
教育費は子供の将来に関わる目的ある資金です。そのため価格変動が大きくリスクも高い金融商品は避けた方がよいでしょう。しかし、この低金利の時代、資金を増やすことは容易ではありません。

そこで株式会社プレミアバンクでは、大切なお子様の教育資金準備に最適なサポートをしている資産運用会社です。お気軽にご相談ください。

33

コメントを入力