:::: MENU ::::

季節の変わり目に体調を崩す事が多い理由

  • 2015年8月31日
  • 0
0720c_s

季節の変わり目に体調を崩す事が多い理由

こんにちは。株式会社プレミアバンク経理総務部です。ここ最近少し暑さが和らぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。例年ですと9月に入ってもしばらくは暑さが続きますので、まだ油断はできないと感じております。

今回は季節の変わり目に体調を崩しやすい理由と対策についてお話ししたいと思います。その大きな原因は気温差にあります。

徐々に寒くなったり暖かくなったり、というのは良いのですが、急に寒くなったり暑くなったり、というのが体に負担となります。

thumb5[1]
体温調節が上手く働いていない人は、自律神経が十分に働いていない人でもあります。

特に、普段エアコンの中にいる事が多い、運動で汗をかくことが少ない、ストレスの多い毎日を過ごしている方は、自律神経そのものが衰えてしまっていたり、自律神経が乱れて正常に働いていない傾向にあります。

使わない機能や鍛えていない物は衰えてしまうように、自律神経も筋肉と同じでラクをさせると衰えてしまいます。

自律神経の体温調節の働きが衰えてしまえば、急に寒くなっても暑くなっても、体がついていかず体調を崩します。季節の変わり目に体調をくずすことが多い人は、自律神経の働きが衰えている証拠、と言えるかもしれません。

予防の一番の有効方法として、規則正しい生活が挙げられます。

PIC-20140823185942[1]

睡眠を十分にとり、体を休ませてあげることによって、季節の変わり目の体の負担を軽減されてくれます。

食事は、偏食などをやめ、色々な物を食べるようにします。特にビタミンBが多く含まれる食品には、神経の働きを正常に保つ働きがあります。また、ストレスに効くと言われるカルシウムも摂るようにしましょう。

因みに、ビタミンBが多く含まれる食品は豚肉、ナッツ類、レバー等、また、カルシウムが多く含まれる食品は乳製品や骨ごと食べられる魚、パセリ等が挙げられます。

名称未設定-1
なお、日頃から、ウォーキング等の軽い運動を心がけると筋肉を使うので、血行が良くなり、内臓も元気なることで体調不良になりにくい体に近づけます。

また、テレビを見ながらその場でストレッチをしたり、踏み台運動も簡単にできる運動のひとつと言えます。

私は休日に1時間ほど散歩をする事や日頃できるだけ階段を使うように心がけております。皆さんも、規則正しい生活や軽い運動を心がけ、季節の変わり目に備えましょう!

33
1

コメントを入力