:::: MENU ::::

老後に余裕。お金に安心な運用デビューを

  • 2015年9月14日
  • 0
山村さん

老後に余裕。お金に安心な運用デビューを

こんにちは。株式会社プレミアバンク 顧客管理部です。季節の変わり目で天気がぐずつき、気温も下がり、体調など崩される方も多いみたいですので、まずは健康第一で本日も過ごしてまいりましょう。

さて、変わり目と言えば金融市場では日経平均株価が乱高下を繰り返しています。退職金で運用デビューをする方も多いですよね。退職金を運用しようと考えるのは、豊かな老後を送るために必要なことです。

スタフ1
【普通預金金利】

現在の普通預金金利は0.02%です。1000万円を預けたままにして年間の金利は2000円です。そこから税金を引かれると実際の受取額は約1600円。

ほとんど増えません。老後の生活費として取り崩す場合、20年間で考えると毎月4.2万円しか取り崩せません。

物価上昇や介護保険料のアップなど生活費は年々増加する可能性があります。消費税率引き上げ前の今、真剣に考えている方々からの御相談が増えています。2%の増税は大きいですよね。

スタフ2
【運用(投資)に回す】

投資商品で運用した場合、利回りによって取り崩せるお金に違いが出てきます。利回りが1%で4.6万円、3%なら5.5万円、5%になれば6.6万円と御資金が同じでも、この違いが老後生活や気持ちに余裕を与えてくれます。

スタフ3
普通預金で眠らせていても、定期預金で運用していても、増税があれば目減りしてしまいます。固定金利型の低リスク商品での運用デビューをする方が増えています。

家計の収益改善を考えた時、同じ額の支出を抑えることができれば良いですね。長い老後です。お金は何かの時に役立ってくれます。株式会社プレミアバンクではローリスクかつミドルリターン型金融商品での資産形成をおすすめします。1日で1日分のお利息以上の御資産が目減りしている皆様、お気軽に御相談いただければ、必ず御安心いただけます。


33
1

コメントを入力