:::: MENU ::::

多様な運用商品をどう見る?

  • 2014年5月27日
  • 0
a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

多様な運用商品をどう見る?

春の暖かい陽気から一遍、雨も日を追うごとに増えて季節は夏へと移り変わっていくんだなと感じますね。

季節の変わり目は、体が順応するためもあり精神的にも肉体的にもナイーブになるということを耳にしたことがあります。五月病とはまさにその象徴なのかもしれませんが、雨にも負けず…頑張りましょう!
220140528_0008
さて…ありとあらゆる金融商品がある中で、どういうものが自分にとって適当なのか見分けるのは難しいと思います。例えば、雑誌やパンフレットなどで資産運用を行う方法として、投資信託が紹介されているケースがあります。

また銀行や証券会社などの金融機関でもいろいろな投資信託を推奨されるケースも多く、お勧めのファンドを購入している個人投資家もいるのです。

しかし投資信託は購入時に手数料がかかるだけではなくて、継続して保有している場合にも信託報酬が徴収されているのです。確かにどのような金融商品でも手数料などのコストが必要になりますが、投資信託の場合には特にコストの高い商品が多いと言う問題点もあるのです。

そこで実際に資産運用を行う場合には、様々な金融商品のコストについての知識をつける必要もあるのです。コストは塵も積もれば山となります。しかし行う上で必要不可欠なものです。いわばライフラインのようなものなのです。

仮に同様のサービスを受けるとしたら、あなたはどちらを選ぶでしょう?資産運用も生活と同じく節約が可能であり、リスクや条件が同じであればより、コストがかからないものを選ぶべきであるということです。

33

コメントを入力