:::: MENU ::::

資産防衛のサポートは、私達におまかせください。

  • 2016年5月23日
  • 0
P9110122_000

資産防衛のサポートは、私達におまかせください。

こんにちは。株式会社プレミアバンク 顧客管理部です。汗ばむ季節への変わり目ですね。強い紫外線が届きますので、日傘や帽子などで万全な対策をいたしましょう。

今回は、『リスクを取らないことがリスクになってしまう』というお話です。『リターン』は投資によって得られる儲け(利益)ですね。『リスク』と聞くと『リスク=危険』と連想してしまいますが、投資・金融の世界でいうリスクというのはあらゆる『不確実性』をリスクとしています。

・将来が予想しにくい状態=リスク(不確実性)が高い

・将来が予想しやすい状態=リスク(不確実性)が低い

資産運用というのは、このリスクを如何なる方法で、どこまで取るのかを決めて、リターンを狙う行為です。リスクをとらずしてリターンはありませんが、大きなリターンを望み、リスクを大きくしていき、最終的にはリスクをとりすぎて資産を失う人も多くいます。『ローリスク・ローリターン』、『ハイリスク・ハイリターン』を忘れないでおきましょう。

現在、日本にある個人金融資産1,600兆円のうち、90%以上は円資産、半分以上の55%は銀行預金や現金のままで眠っています。つまり預貯金・年金・保険などに全体の8割以上が偏っている状態です。

『金融資産を国内に滞留させておくことはリスクが低い』という考えが日本中で浸透しきっているからでしょう。実はリスクが高いのです。海外投資の経験が無い方は、リスクが無くて安心できる状態だと思うかもしれません。実は、この状態では、円安やインフレには対応できません。

20160518a

ここで具体的な例をご紹介します。

今、100万円を持っていたとします。〈円安のリスク〉今の為替が1ドル=100円だとすると、100万円=1万ドルです。

翌年、急激に円安が進んでしまい、1ドル=125円になったとします。ドル換算すると1万ドル分の円が8千ドル分に下落してしまいます。100万円という名目金額は変わらなくとも、外貨での換算による実質価値は減ってしまうのです。

〈インフレのリスク〉株式市場や不動産市場が上昇し、物価が上昇すると、「元本保証」の元本の価値は名目金額で守られていても、実質的には価値が減少してしまうのです。リスクを取らないこと(預金・保険・年金などで運用する)によって、気づかない間に、異なったリスクを取ってしまっている。これでは、資産を持っていても安心できません。

『資産の100%を円で保有し続ける人/円の定期預金で資産を守ろうとしている人』が多いのですが、投資で後悔しないために、分散投資をしましょう。
時間で分散:購入時期・保有期間(短期・長期)
銘柄・商品で分散:金融商品自体の分散(株式・債権・貯金など)A社・B社・C社など銘柄の分散
地域で分散:日本国内のみなど一国に集中させずに幅広い国に商品を分散する
通貨で分散:自国通貨を基本としながら、他の通貨にも分散する

◆「一つのカゴにすべての卵を盛るな!」
20160518

◆預金・保険・年金は、安全ではない

多くの日本人が預金・保険・年金で【リスク】を回避した安全な資産運用を継続してきているつもりです。しかし実際は、預金・保険・年金で【リスク】を回避すること自体が、身に迫る【リスク】になってきています。

預金・保険・年金は、別々の商品ですが、いずれも主に日本国債を使って運用されています。日本では、超低金利が続いて国債価格は安定しています。しかし、今より市場金利が上昇すれば、国債の価格は下落します。国債には将来の金利上昇による損失が発生するリスクがあるのです。

預金・保険・年金で運用することは、資産を集中させることになります。リスク回避の分散投資をしたつもりで、預金・保険・年金に分散したのに、リスク回避の分散投資が実現できていないのです。

また、その他の国内金融商品には「ハイリスク・ローリターン」の商品が多いので要注意です。手数料その他でコストも高い上に、「ハイリスク・ローリターン」の金融商品(リスクを取っても報われない割高商品)を購入している方が多いです。リターンを手数料として吸収されるパターンです。よくある金利優遇キャンペーンの例です。

『米ドルの外貨定期預金の金利を3%に優遇します。』

この優遇金利は最初の3ヶ月だけしか適用されません。3ヶ月の3.00%の金利は年換算だと0.75%、更に復興税を含めて20.315%の税金が差し引かれます。為替手数料は大手銀行の場合、外貨の売買ごとに1ドルにつき1円取られます。為替手数料の方が金利より大きくなり、元本割れになってしまうことも多くあります。ハイリスク・ローリターンどころか、リターンゼロです。

為替リスク・カントリーリスクなどリスクは色々あります。投資は自己責任です。残念なのは、他人任せで投資をして割高な手数料などで損をされています。それを自己責任だからと諦めて現状維持をされている方が多いことです。皆様は、ギャンブルみたいな資産運用で散財する人生を過ごされるのでしょうか。資産が目減りしていく今に満足なのでしょうか。

株式会社プレミアバンクでは、世界中にネットワークを構築し、世界の金融市場の情報収集及び分析を行い、独自の投資戦略で『新たなる価値あるサービス、一番喜んで頂ける資産運用』を個人投資家のお客様にご提供し続けています。私達と豊かになるための道を切り開きましょう。



▼お問い合わせはこちらからどうぞ▼
http://premierbank.jp/inquiry/index.php

20151028d33 1

コメントを入力