:::: MENU ::::

HSBC香港口座開設のメリットとは

  • 2016年9月26日
  • 0
sudo4

HSBC香港口座開設のメリットとは

みなさまこんにちは。株式会社プレミアバンク、国際事業部の須藤です。先日HSBCで口座開設をする為、香港へ行ってきました。開設した目的としては、HSBC香港の「マルチカレンシー口座」と「インベストメント口座」を利用したかったからです。

1_1

「マルチカレンシー口座」とは、言葉の通り「複数の通貨の口座」という意味です。HSBC香港では現在、以下の12種類の通貨の口座を一つのアカウントで持つことができます。

01.HKD (香港ドル)
02.USD (アメリカドル)
03.GBP (イギリスポンド)
04.CAD (カナダドル)
05.AUD (オーストラリアドル)
06.JPY  (日本円)
07.NZD (ニュージーランドドル)
08.EUR (ユーロ)
09.SGD (シンガポールドル)
10.CHF (スイスフラン)
11.RMB (人民元)
12.THB (タイバーツ)

1_2

最近では、日本の銀行でも米ドル口座や豪ドル口座を持てるようになってきていますが、為替手数料が高かったり、種類が少なかったりするのであまり得策ではないと私は思っています。

その点、HSBC香港では為替手数料も安く種類も豊富ですのでとても便利です。この「マルチカレンシー口座」を利用するだけでも、HSBC香港で口座を開設する意味はあると思います。

1_3

他にも「インベストメント口座」といって、日本でいう「証券口座」を開設することができます。しかも、銀行口座と同じアカウントで開設が可能です。香港では銀行が株式やファンドの販売を行っているので、このようなことが可能なのです。他にもメリットはありますが、私が開設した目的はおもにこの二つです。日本の銀行があまり信用できないというのもありますが…。

そんなメリットだらけの銀行ですが、このHSBC香港の口座を開設するのは日本人にとっては少しハードルが高いと思います。というのも、英語で質問の受け答えができないと相手にしてもらえないからです。

1

私が開設しに行った時は、受付で1回、担当者に1回、マネージャーに1回の計3回、口座を開設したい目的を聞かれました。通訳の同席は認められておらず、1対1での面談になります。

もしHSBC香港で口座を開設したい場合は、日常会話くらいの英語力を身に着けてから行くようにしたほうがいいと思います。英語が話せなくても、中国語が話せれば大丈夫だそうです。

▼お問い合わせはこちらからどうぞ▼
http://premierbank.jp/inquiry/index.php

ttl01

◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回:2016年10月18日(火)先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

20151028d33 1 

コメントを入力