:::: MENU ::::

運動不足を解消する為には

  • 2016年11月21日
  • 0
ai

運動不足を解消する為には

皆様、こんにちは。株式会社プレミアバンク経理部です。最近、急に寒くなりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

秋は過ごしやすい季節なのでスポーツをするのにうってつけの季節だと思いますが、本日は「運動不足の定義や解消方法」について、お話ししたいと思います。

運動不足とは

a44e39a5ecca1634c28bd71d84a02e6f1

「運動不足」という言葉がありますが、一体どの程度で運動不足になってしまうのでしょうか。

厚生労働省は、成人男性女性共に、日常生活の中で1日に1万歩を歩くことを目標にするよう促しています。1万歩を距離にすると、約7キロメートル、時間にすると約2時間です。現在、1日1万歩以上歩いている成人は、男性で29.2%、女性で21.8%だそうです。歩くことを中心とした運動を増加させると、生活習慣病の発症率を減少させることが期待できます。

しかし、日常的に体を動かすことを心がけている人は、男性で52.6%、女性で52.8%となっており、数値から見ると、このように気を使って言う人たちでも歩行数が足りていない場合が多いことが分かります。

現代ではデスクワークが増え、1日中座ったままで何時間も過ごしている人がとても多いです。よって、意識的に自分でルールをつくり、運動を計画的に行うことが大切だと言えます。

運動不足の問題点

人間は運動をしないでいると、肥満にはじまり、高血圧、糖尿病、脳卒中、腎臓病などの怖い病気にかかるリスクが高くなるということです。その他にも、便秘、心臓病、関節炎、肩こりなどの病気が引き起こされる確率も高くなります。

運動をしなければ、体力の低下や抵抗力が弱くなり、代謝が弱くなります。それによって老化のスピードも速くなるのです。代謝が悪くなると、体温が下がり、低体温症になる可能性があります。人間は体温が低いと、容易に病気になりやすい体になってしまうのです。

運動不足を解消するには

house_work1

今現在運動不足の人は、初めから無理な運動をすると挫折してしまう可能性が高くなります。まずは日々の生活の中で、より体を動かすようにしましょう。日常の動作を、少しの筋肉を使った動きに変えるだけで、気持ちも前向きになり、達成感や満足感を味わうことにもなります。

例えば、毎日行っている家事を普段より一所懸命行う事です。消費カロリーも多く、洗濯やアイロンがけ等の日常の単純作業だけでも、30分行えば約35キロカロリーも消費できます。総務省の統計によると女性の1日の家事時間は2011年平均で1人当たり1時間27分なので1日当りおよそ105キロカロリー消費できると言えます。

また、デスクワークをしながら、エクササイズをするのも良いでしょう。机に向かって背筋を伸ばし、膝を軽く上下させるだけで効果的な腹筋運動になります。この時に、膝と膝をくっつけて行えば更に効果が上がります。気づく度に繰り返し行えば効果が期待できますし、姿勢を正すだけでも体の筋肉を綺麗に付けることができます。

まずは普段の生活を意識して変えることから始め、無理なく楽しみながら、運動不足解消に取り組んでいきましょう!

▼お問い合わせはこちらからどうぞ▼
http://premierbank.jp/inquiry/index.php

ttl01

◇海外投資お役立ちガイドセミナー詳細(参加費無料

次回:2016年12月14日(水)先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

20151028d33 1 

コメントを入力