:::: MENU ::::

コミュニケーションをとる事

コミュニケーションをとる事

皆様、こんにちは。
株式会社プレミアバンク営業事務担当です。


突然ですが皆様の職場、あるいはご家庭において挨拶は行われていますか?


弊社プレミアバンクでは、朝礼の際に「プレミアスタイル」と称した
接客の心得12箇条を唱和しており、その中で「挨拶」についても掲げております。



「挨拶」とは、コミュニケーションを取りたいという意思を行動に表わせるものであると考えます。


それでは、積極的にコミュニケーションを行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか?


①生産性が上がり、業績が向上する
②仕事のやる気が増す
③職場への満足度が上がる
④お客様満足に繋がる



コミュニケーションとは、人と人はもちろん、人と組織、組織と顧客の情報共有をスムーズにするということに他なりません。

情報共有が円滑に行われると、情報の漏れや時間のロスが減り、更には生産性が上がります。生産性が上がることで、業績が向上し、仕事のやる気が増していきます。
そして、仕事のやる気は職場への満足度に繋がり、お客様満足に繋がるのではないかと考えます。


弊社プレミアバンクではコミュニケーションの一環として、週に1度「ランチミーティング」を開催しております。

部署の垣根を超えて、社外でコミュニケーションを取りながら食事をすることにより、良い信頼関係を築いております。



皆様との出会いとプレミアバンクで働けることに感謝し、元気よく挨拶を交わしながらコミュニケーションを図って参ります。

コメントを入力