:::: MENU ::::

人気沸騰、売り切れ続出「社債の魅力」

  • 2014年8月04日
  • 0
220140528_0008

人気沸騰、売り切れ続出「社債の魅力」

こんにちは、営業部の前島です!
暑さが強まる中、高まっているものを紹介します。

国内の株式投信は、株式市場が低迷している関係で同じように低迷してます。しかし、株式会社プレミアバンクのブログでも紹介しているように、海外資産に投資しているファンドは人気があるわけですから、国内の投資信託は完全に投資家の需要を満たしていないと考えるべきでしょう。

そんな中人気が高まっているのが円建ての社債で、販売と同時に売り切れるそうです。何といってもリスクが小さい上に定期預金よりも利回りが良く大きな魅力です。

つまり、リスクをなるべく抑えながら、資産を着実に増やす方法の1つとして注目したいのが円建ての社債です。メガバンクなどの定期預金より一般的に利率がよく、手堅い商品です。

ネット証券ではどんな円建て社債を扱っているのか、また円建て社債の情報を確実に、チェックするにはどうしたらよいのかについて調べてみましたので紹介します。

2

銀行より利率がよく、為替リスクもないのが円建て社債の魅力です。社債とは、企業が資金調達のために発行する債券のことになります。

額面金額と利率はあらかじめ決まっていて、それに基づいて定期的に利子が支払われ、償還時には額面金額と同額が戻ってくる。また「円建て」とは、元金の払い込み、利払い、償還のすべてが円貨で行なわれる商品のことになります。

円建ての債券は、表面利率が10%超というものもある外貨建ての債券に比べると利率の面では見劣りするが、それでも利率1%台後半~2%を超えるものもある。

年率0.03%程度(300万円未満を1年預けた場合)というメガバンクの定期預金よりはるかに好条件です。

しかも、外貨建てであれば為替の動向によっては損失を被る可能性もあり、購入時や償還時に円貨で受け取るためには為替手数料も必要だが、円建て社債ならそうした心配も要らず購入代金以外の手数料もかからない。

定期預金よりも利回りが高いので、人気を博しているようです。このように巷を賑わせている「円建ての社債」、まだまだ人気の熱は納まりそうもありませんね!!

33

コメントを入力