:::: MENU ::::

値上げが続く電気料金について

  • 2014年8月18日
  • 0
3076504

値上げが続く電気料金について

皆さんこんにちは。経理総務部の松尾です。暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?水分をこまめに取る、外出時には帽子を被る等の熱中症対策をしっかり行っていきましょう!

連日、最高気温が30度以上の真夏日が続いていますが、この時期クーラーや扇風機が欠かせません。しかし、気になるのがここ最近値上げが続いている電気料金。

東日本大震災以降、東京電力を例にとると一般家庭向けの電気料金はこの3年間で4割近くも値上げしているそうです。仮に3年前の1ヶ月の電気代を6,000円とすると、今年は8,400円になり年間で28,800円も家計の負担が増えていることになります。

何故、電気料金が値上げし続けているのでしょうか。
graph
今現在日本の電力の約9割を火力発電で賄われており、主な燃料の石油やLNG(液化天然ガス)の国際価格がここ最近の中東情勢や円安の影響で高騰し続けています。電気料金は電気を作る燃料の価格に比例して変動しているので、結果的に値上げが続いています。

2016年から一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになりますが、電気料金に占める燃料代の割合が高いこと等から、自由化によって電気料金が劇的に安くなる可能性は低いと見られています。

日頃から必要のないテレビや照明をこまめに消す、待機電力を減らす等の工夫をし、節電をすることも大切ですが、限度がありますし、今後電気料金が値下げするのかは疑問です。

これを機に、今あるご家庭の資産を守るため、老後に備えるため、資産運用を考えてみてはいかがでしょうか?

資産運用と一口に言っても、株やFX、定期預金、国債等様々な物がありますが、ここ最近テレビや新聞で取り上げられており、為替リスクがなく、安定的に利息が受け取れる円建て社債が注目を浴びています。

投資をする上で、「ギャンブル性のあるものはちょっと・・・。」と、お考えの方には円建ての社債をお勧めします。

株式会社プレミアバンクが全面的にサポート致しますので、是非一度ご検討なさってみてはいかがでしょうか?

33

コメントを入力