:::: MENU ::::

資産運用の考え方

  • 2014年8月25日
  • 0
20140528_0013

資産運用の考え方

こんにちは、営業部の高橋です!資産を増やしていくステップは大きく分けると3つあります。

1.支出を減らし資産を残す
2.収入を増やし資産を増やす
3.資産を投資し資産を生む

基本的には、この3つの流れを作っていくことで資産は加速的に増えていきます。その中でも最も大切なことは、キャッシュ・フローです。キャッシュ・フローがプラスにならなければ、どうあがいても資産は増えていきません。

「1.支出を減らし資産を残す」と「2.収入を増やし資産を増やす」を改善していくことでお金の流れはプラスになります。

このキャッシュ・フローをプラスにするという考えを持ちながら、自分の資産の流れを見ていくことが大切です。例え、借金があったとしてもこのキャッシュ・フローがプラスになっていれば、資産は増えていきます。

1

もう一つ、日本人のほとんどの方に身についていないお金の考え方は、「お金を増やすためにお金を使う」という考え方です。

お金持ちの人は、個人の買い物をするときにまず考えることがあります。それは、今から購入するものが、将来お金になる可能性があるかどうかです。

所有することに喜びを感じ、消費するために何かを購入するのではなく、元々売却することを考えて購入するのです。

例えば、家を買うときに、この家は将来価値が上がりそうかどうかを検討します。価値が上がりそうであれば購入し、下がりそうであれば、購入しません。住みたいかどうかで決めない、ということですね。

もちろん、住む家を購入するなら住みやすさなどを考えますが、住む家の前にまずは、購入した家を人に貸すことで、キャッシュ・フローをプラスにし、将来、家や土地の値段が上がったところで売却します。

これは一つの考え方の例ですが、そろそろ家が欲しいなあ、と考えた時、まずはじめに行うことは、投資用物件として購入し人に貸します。これを、2、3回繰り返し、その後、キャッシュ・フローをプラスにしてから自分の住む家を買います。

こうすれば、資産が増え、家賃収入により、自分が住む家のローンは払う必要が無くなりますね。さらに、土地の値段が上がれば、家を売却することによってさらに自分の家のローンを減らせます。

もちろん、詳細をお話すれば、税金や空室リスク、土地の値段が下がることなどもありますが、その確率を限りなく少なくしていくことが投資家の考え方です。今お話しした「お金を増やすためにお金を使う」という考え方はとても大切です。

投資や資産運用を進めるときは、もちろんお金を増やすためにお金を使いますが、それだけではありません。

ビジネスを進めるにしても、ある一定の売上を超えてきた場合、広告費や人件費、外注費などを使い、お金を増やすためにお金を使うということが必ず必要になります。

この考え方を身につけるのは、給料を貰う立場から自分で稼ぐ立場になるときに必要になります。

【リスクを負わず損失を出さないように稼ぎたい】という考え方から、【リスクを負って、一時的に損失が出ても、最終的に利益を得れば良い】という考え方にシフトチェンジしていくのです。

いきなりは難しいかもしれませんが、少しずつ進めていくことで、稼ぐためのマインドが徐々に出来上がって行くと思います。


33

コメントを入力