:::: MENU ::::

女性目線!投資のススメ

  • 2014年9月16日
  • 0
028

女性目線!投資のススメ

こんにちは。株式会社プレミアバンクの小林です。ようやくしのぎやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。さて突然ですが、皆さんはお金を増やしたいですか?

私は増やしたいです。子供の学費や家の購入資金、これから先かかるお金を考えるとキリがない。その一方で老後の年金は期待できないし…といった悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。
1
ではお金を増やすにはどうしたらいいのか?方法は2つです。1つ目は働いて収入を増やしたり節約したりといった、自分の力で増やす方法。そして2つ目は、「お金に働いてもらう」という方法です。

「お金に働いてもらう」とはつまり、資産運用のことです。

少し前なら、定期預金で金利8~12%という時代もありました。定期に預けておいたら、いつの間にか2倍になっていたという話もよく聞きました。しかし今や0金利時代。100万円定期に預けても、1年後には100円の利息しかついていない。

これではお金を寝かせているだけですね。定期でお金は効率良く増やせません。より効率的にお金を増やすため、投資に目を向ける必要があります。

投資には2種類あります。株やFXなどのハイリスクハイリターン型と、国債や社債などのローリスクローリターン型。

日本ではまだまだ、「投資は男性がするもの」という考え方が強いと感じますが、実は「女性は投資に向いている」というのはご存じでしょうか。

心理学や脳科学の視点からみると、男性はハイリスクハイリターン型のものを選ぶ傾向にあり、女性はリターンが少なくてもリスクは出来るだけ抑えたいという傾向にあるそうです。

投資に関して女性はあらゆる年代を通じて、投資の前に投資先商品を研究する時間が、男性に比べ約40%も多いという調査結果があります。また女性は配当や優待、口コミなどを重視し楽しみながらじっくり保有する投資スタイルの方が多いようです。

1
↑画像をクリックで拡大表示

実際にお客様とお話しさせていただいても、女性が家計を管理しているご家庭が多いのか、皆様現実的に、慎重に運用商品を選んでいらっしゃるなと思うことが多いです。

「元本は保護されるものがいい」、「危ないものには手をださない」とおっしゃるお客様がほとんどです。

またどっしり構えて、長期にわたって運用するという方が多いと感じます。投資で基本となるのは「余裕資金で、できるだけ長く運用する」ということですから、こういった女性の感性というのは投資に向いていると思います。

ではどのような投資を選べばいいのか。私がおすすめしたいのは「個人向け社債」です。個人向け社債は国債などよりも金利が高く、個人向け投資家の人気を集めています。また株式などよりも元本割れのリスクが低いという利点もあります。

2013年度の個人向け社債発行額は過去最高水準の4兆6千億円。販売直後に売り切れというものもあり、今後も個人向け社債の発行は拡大する見通しです。

堅実な運用をしていきたいという方、この機会に個人向け社債を始められてはいかがでしょうか。ハイリスクハイリターンがお好みの方、分散投資の一環としてリスクを抑えたものもご自身の運用に加えてみるといいかもしれません。

株式会社プレミアバンクは、資産運用を通し、お客様に最適なパートナーとして、皆様の未来づくりをサポートしていきます。
33

コメントを入力