:::: MENU ::::

海外銀行口座の魅力について

  • 2014年10月27日
  • 0
3

海外銀行口座の魅力について

みなさんこんにちは、株式会社プレミアバンクの高橋です。今回は、海外銀行口座の魅力についてお話します。海外投資のメリットの一つ、それはオフショア地域での運用です、投資に対する税金がかかりません。

日本から近い香港やシンガポールもオフショア地域です。海外に銀行口座を開設するには、日本から近い香港かシンガポールが良いでしょう。

日本から近く行きやすいですし、時差もほとんどありません。日本語対応が可能な銀行もあります。
1
海外に銀行口座を持つことは、海外投資の第一歩とも言えますが、なぜ海外の銀行がいいのか、いくつかの理由があります。

①共有名義の口座を持つことができます。
②マルチ口座が基本です。


共有名義?マルチ口座?ちょっと怪しげな言葉がでてきましたね、では説明します。

◆共有名義とは
もちろん単独名義での口座を作ることもできますが、ご主人と奥さんでひとつの口座を作ることができます。日本では聞いたことの無いシステムです。ふたりが口座の所有者ですので、どちらか一方のサインでお金の出し入れを行うことができます。

第一名義人と第二名義人のあいだに、所有権の序列はありません。ある銀行では、家族4名で共有名義口座を作れます。家族の形態により、さまざまな組み合わせで共有名義口座を開設することができるというわけですね。

◆マルチ口座とは
マルチ口座とは、ひとつの口座の中に、いろいろな通貨の口座を開くことができるシステムです。自分の口座内で通貨分散をすることが可能ということです。

日本でいうところの外貨預金を、複数通貨建てで一つの口座内で行うことができるわけです。さまざまな通貨建てのファンド投資等にも便利ですね。

だいぶ前になりますが、自分は数年間香港に住んでいたことがあります。
その時に普通預金口座を作った際、その口座はマルチ口座で、香港ドル、日本円、米ドル、イギリスポンドの4種類の通貨で預金した経験があります。

金利水準と為替動向を見ながら自分の好きな通貨での預金ができるわけで、うまく使いこなせば少しづつですが残高が増えていきますね。

◆その他特徴
印鑑不要、サインのみで取引可能。海外では、印鑑を使うという文化はほとんどないと思います。海外銀行のATMカードは、世界80万台のATMで使用可能です。もちろん日本でも使用可能です。
2
以前は日本にいながら口座開設ができた銀行もありましたが、現在では、現地に行かないと口座開設はできなくなってしまいました。以上、海外銀行口座の魅力についてお伝えしました。

by Takahashi

33

コメントを入力